愛犬と楽しく遊ぶコツ♪

こんにちは。

コーイケルホンディエのハム、4歳11ヶ月です。

 

ワンコにとって遊びは学び✨

 

どんなに忙しい飼い主さんでも、少なくとも1日15分は全力で愛犬と遊んであげることが大切なのだそうですよ。




 

我が家は室内遊び+室内トレーニング(遊びみたいなものですが・・・)で1日平均1時間ほどです。

 

まとめて1時間ではなく、3部制。

 

朝の部・・・室内遊び 15分

昼の部・・・トレーニング+室内遊び30〜40分

夜の部・・・室内遊び 15分

 

時間帯は飼い主のやる気がある時、忙しければどこかの部を省略することもあります💦

 

本気で遊ばないと愛犬にも飼い主のやっつけ感がバレてしまい、途端に楽しくなくなってしまいますからね^^;

 

「よーーーし!遊ぶぞー!!」と、しっかり気合を入れてからハムに向き合っています(笑)

 

 

我が家が室内遊びに期待することは「信頼関係を築くこと」「ルールを学ぶこと」「意思疎通を高めること」です。

 

文章にすると「難しく考えすぎ!」とツッコミたくなるかもしれませんが、そんなことはありません!

 

楽しい時間を共有することで、目標のクオリティがどんどん上がっていきます♪

 

とにかく全身で「楽しいワン!」と言ってもらえるような遊びを意識しています。

 

実は遊びを通して学んでいるのはワンコだけではないようです。

 

飼い主もしっかりイヌ語を習得していたりします^^

 

今回はそのイヌ語で愛犬との室内遊びをもっと楽しくしちゃう裏技です♪

 

我が家流なので他のワンコに効き目がなかったらごめんなさい🙏

 

まず愛犬が遊びにものすごーく集中している時の行動を観察🔎

 

犬種によって多少異なるかもしれませんが、ハムの場合は

・口を小さく開けて空気を軽く噛む

・下をペロッ、ペロッと出す

・前足を上げる

 

ハムの集中モード↓↓

 

他にもいろいろありますが、ヒトである飼い主でもすぐに真似できそうなものを例に挙げました!

 

これらの行動を遊びの間に真似します♪

 

すると・・・

 

飼い主がイヌ語を使って興奮するハム↓↓

 

ハム、楽しそう♪

 

飼い主が真似している姿はとてもお見せできるものではないので、ご想像にお任せします😅

 

案外飼い主の目をしっかり見ていますので、視線を思わせぶりに動かすのも効果的です( ´艸`)

 

またゆっくりにじり寄るように動いたり、静止したりする時間を設けると愛犬の期待度が高まります!

 

普段はヒトの言葉や指示などを懸命に覚えてくれるワンコたち。

 

たまには飼い主さんがイヌ語を話してみると喜んでくれるかもしれません😍

 

ぜひお試しを♪

 


犬ランキング




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。