備えあれば憂いなし!犬を飼う前に準備してよかったこと6選

こんにちは。

コーイケルホンディエのハム、7ヵ月です。

 

2017年10月に初の愛犬として「ハム」がやってきました!

なにせ犬初心者、犬を迎える前の準備はわからないことだらけでした。

ワンちゃんのごはんや犬用品はペットショップやブリーダーさんからも教えていただけますが、それ以外のことって何がわからないのかがわからない!

お迎え後は想像以上に慌ただしくなります。できれば事前に準備できることはしておきたいですよね。

そこで、ハムとのこれまでの生活を経て、良かったと思えた事前準備をご紹介します(*´▽`*)

今回はごはんや犬用品はさておき、残りのぼや~っとした部分にスポットライトをあててみます♪

※犬種や住宅事情が変われば必要な準備も変わります。あくまでも参考として読んでみてください。

第6位 「家の大掃除」

いきなり大掃除?

でも、これが結構重要です。

ワンちゃんを迎えた後はひたすら犬用品が増えていきます。

なぜ?って・・・みんな自分の愛犬が可愛すぎて「あれも、これも♪」って買ってしまうから(笑)

ゲージやトイレだけじゃなく、ごはん、おもちゃ、衛生用品、カートなど十分収納できるスペースを確保しましょう。

犬用品 収納

空いたスペースに犬用品をまとめて収納♪

 

第5位 「Amazon プライムへの入会」

Amazon プライムを紹介していますが、これは「よく使うオンラインショッピングの会員登録」という意味です。

Amazonは様々な犬用品を購入できるので週2回は犬用品をまとめ買いしていました。今でも頻繁に利用しています。

プライム会員の会費は月間プランなら400円、年間プランなら3,900円と有料ですが、「お急ぎ便」「お届け日時指定便」やPrime対象商品の送料が「無料」になるのでとっても助かっています。30日間の無料体験も実施しています!

よく利用しているサイトにプレミアムサービスがあればぜひ登録してみてください。

 

第4位 「犬育て本」

犬育て本

10冊ほど読みました。(笑)

ハムのお迎え前に足を骨折し、外出できなかったのでひたすら読んでいたというオチです(´;◞౪◟;)

10冊とは言いませんが「こんな風に育ててみたいな」というイメージがある方は、1冊でも読むととっても役に立ちます。

以下おすすめの本です↓↓

犬育て本犬育て本

「ダンバー博士の子イヌを飼ったあとに」 ※お留守番が多い子におすすめです

「子犬の育て方完璧宣言!」 ※初めて犬を飼う方向け

「ドッグ・トレーナーに必要な「子犬レッスン」テクニック」 ※犬の気持ちがわかる!

「ドッグ・トレーナーに必要な「深読み・先読み」テクニック」 ※犬の気持ちがわかる!

 

第3位 「空気清浄機」

すでに持っている方も多いのではないでしょうか。我が家はハムをきっかけに購入しました。

ハムを迎えた直後に激しく咳がでるようになり、アレルギーテストをしたほどです。

鼻やのどが弱い方、犬の臭いが気になる方は空気清浄機、おすすめです。我が家は「Blueair」クラシックシリーズ680iを購入した途端咳がなくなりました↓↓

空気清浄機 おすすめ

Blueair Classic 680i は空気清浄以外の機能をもたない一点集中型。リビングなど広い空間にもパワフルに対応してくれます。

白とグレーを基調としたシンプルなデザインで、高さ66cm×幅50cm×奥行34cmというサイズもスッキリとした印象に。

さらにWi-fi環境で専用アプリと連動させることができます。

フィルターは半年ごとの交換が必要ですが、それ以外のお手入れは不要なんです!!

キャスターがついているのでお掃除時の移動もラクラクヽ(o’∀`o)ノ

 

 

第2位 「お掃除ロボット」

お掃除ロボット

こちらも定番家電ですが、毛の長いワンちゃんを飼う方の強い味方です!

最近は値段も様々で、我が家はAmazonで2万円ほどのお掃除ロボットを購入しました。通常の掃除機能に加えて水拭き機能もついている優れものです。

ワンちゃんたちはよだれや足跡を残して家中を歩き回りますが、水拭き機能でフローリングも毎日気持ちよく歩けます♪

 

 

第1位 「ペット保険」

ペットの医療費はとても高いです。愛犬が苦しんでいるときに病院に迷わず連れて行けるように保険を準備しましょう。

「アニコム」と「アイペット」は窓口精算ができ、一時自己負担や請求手続きの手間が省けます。

「支払限度額」や「限度日数」、「保険料の上昇率」などそれぞれの保険には個性があります。時間をかけてじっくり選びましょう。

大きな病気にかかってから保険に入ることはとても難しいです。小さいころから愛犬の将来にも目を向けておきましょう。

また、ワンちゃんを迎える前に近くの動物病院を3か所ほど調べておくと良いと思います。

営業時間、定休日、夜間診察など頭にいれておけば、もしもの時に慌てずに済みますよ。

 

 

どうでしたか?

ワンちゃんのお迎え日はあっという間に来るものです。

その後の生活が、ワンちゃんにとっても飼い主さんにとっても快適でありますように!

 

 

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です