ハムのおやつセレクション

こんにちは。

コーイケルホンディエのハム、1歳3ヵ月です。

 

コイケルは食いしん坊です。

 

とくにおやつに目がないのは全コイケルの共通点かもしれません(笑)

 

 

最近ハムがはまっているのがこちらです♪

 

「みちのくファーム フリーズドライ」

写真は「鮭」と「若鶏ささみ」。

 

※他に「馬肉」「カンガルー」「鶏レバー」「鮪」「鰹」「鱈」があります。

 

この商品の良いところはひと口サイズでフリーズドライされている点。

 

特に他社の鳥ささみフリーズドライは1つが大きく、小さくして与えようとすると上手く割れず最終的に粉々になってしまうんですよね。。。

 

こちらはそんな困った問題もクリア♪

 

 

フリーズドライおやつに夢中!!

 

今年の夏は暑くて暑くて、フリーズドライのおやつは舌がパサパサするのでは!?と与える機会が減っていました。

 

でもワンコはフリーズドライのおやつが大好き♪

 

調べてみるとフリーズドライ食品のメリット、たくさんありました↓↓

 

◎栄養や組織が壊れにくい

大きなメリットは何といっても、フリーズドライは熱を加えないので栄養が壊れにくいこと。

その上、食材の水分を氷から気化させるため、ほとんど伸縮せず、組織が壊れにくいのです。

 

◎復元性に優れている

素材の成分が壊れにくく、お湯を注ぐだけの簡単調理で元に戻す事が出来ます。

(もちろん、フリーズドライのままで食べられるものも多くあります)

水分を氷の状態で昇華(固体から気体へ)しているので、お湯を注ぐことで隙間に水分が入り、すぐに復元することが出来るためです。

 

◎軽量でかさばらないので携帯に便利

旅行へ出かけたりなどすると、通常だとワンコのご飯やおやつだけでも重く、かさばってしまうこともしばしば。

フリーズドライなら、軽量でかさばらないので持ち運びに大変便利です。

 

◎添加物を使用せず、長期保存が可能

水分が多いものほど、腐りやすいのをご存知でしょうか。

フリーズドライだと水分含有量が極端に低いため、微生物の作用を抑制することができます。そのため、添加物を使用しなくても常温で長期保存が可能なのです。

例えば野菜など、そのままにしておくと腐ってしまいますが、フリーズドライにしてしまえば常温で長期間置いておけるので、傷んでしまうことを心配せずに、与えたい時に与えることができます。

 

 

もともとハムはフリーズドライ系が大好きなので、今までも様々なおやつを与えてきましたが、鮭のフリーズドライは初めて見ました♪

 

美味しそうな匂いがするのでワンコも夢中ですd(≧ω≦*)

 

ハムは消化機能が弱めで、カチカチに干された鮭のおやつは食べても消化できずに吐き戻してしまうことがあります。

 

こちらはそういうことにもならないので安心して与えられます♪

 

 

ワンコもお魚好きです♡

 

最近購入したおやつでハム的にヒットだったのが、「伊勢湾産 焼魚 無塩加工」です。

 

イオンペットで購入しました!

 

ソフトタイプで、こちらも美味しい匂いがプンプンです(笑)

 

 

ワンコは肉食かと思っていましたが、お魚も大好きなんですね~。

 

ちなみにお魚を食べさせることはワンコの体づくりの上でとても良いことなのだとか。

 

以下参考にした獣医さんの記事の抜粋です↓↓

 

魚には犬が必要とする必須アミノ酸という栄養素も含まれています。
必須アミノ酸は体内での合成ができないので、食物から摂取するしかありません。

犬が必要とする必須アミノ酸は以下の10種類です。

  • イソロイシン
  • ロイシン
  • バリン
  • リジン
  • メチオニン
  • フェニルアラニン
  • スレオニン
  • トリプトファン
  • アルギニン
  • ヒスチジン

これらの栄養素が不足するとさまざまな症状が現れます。
不足している栄養素によって与えた方が良い魚の種類も変わってきます。

 

魚、侮ってました!!

 

これからは少しでも栄養のプラスになるおやつを与えるよう心がけようと思いました♪

※おやつゼロのほうが健康にはいいかもしれませんが、ハムが泣いちゃうので(笑)

 

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です