脱力系歯磨き。

こんにちは。

コーイケルホンディエのハム、2歳6ヵ月です。

 

愛犬の日々の歯磨きはとっても大切なのだそうです。

 

我が家も苦戦しつつ毎日頑張っています♪



 

歯磨きをしないとどんな健康被害がでるのでしょうか?

 

調べてみるとこんな恐ろしい記述が!!!

 

愛犬が末永く健康に暮らすためには、歯磨きが大切です。

愛犬の口を開けて奥歯の裏までよく見てみましょう。

歯が黄ばんだり、茶色くなったりしていませんか?歯茎が赤かったり、口が臭かったりしませんか?

実はこれ、歯周病になるサインなのです。

実は日本で3歳以上の成犬の約8割が、歯周病もしくは歯周病予備軍と言われています。

歯周病を放置してしまうと、歯が抜け落ちたり、歯周病菌が血管に侵入して、心臓や腎臓などに疾患を引き起こしたりする場合もありますし、頬から膿がとび出たり、顎の骨が折れることもあります。

 

ひえぇぇぇ (゚o゚;;

 

ハムもあと半年で3歳。

 

最近歯の黄ばみが気になり始めました。

 

口
約1歳の頃の歯
現在(2歳6ヵ月)の歯

 

歯磨きの時に顎を脱力してくれれば磨きやすいんですけど・・・。

 

どうも「イーッ!」と食いしばられてしまうことが多くて隅々まで磨くのは至難の業。

 

そのくせ体だけは脱力系なのです(笑)↓↓

 

体がグニャグニャで磨きづらい!!

 

病院での歯石除去は麻酔の可能性が高いので、ホームケアでなんとか頑張りたい我が家です。

 


犬ランキング







あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です