日本語習得!?~迂回~

こんにちは。

コーイケルホンディエのハム、1歳3ヵ月です。

 

お散歩中に愛犬がフラフラ・・・ありがちですよね?

 

ハムも夢中でニオイを嗅ぎ始めると飼い主の立ち位置なんてお構いなし(笑)

 

うっかりリードが木に巻きついて前進できなくなることがあるんです。

 

そんな時、我が家では飼い主がその巻きつき解消のために自分の進路を変更することはありません。

 

散歩のコースや歩き方は飼い主が決めるのが鉄則です。

 

「自由に歩いていいよ~」と指示した時だけロングリードにして好き勝手に歩かせます。

 

大抵その自由行動中にリードが木に巻きつくのですが、そんな時は「回ってきて~♪」と迂回を促すんです。

 

最初のころは意味が分からず、ずっと立ち止まって飼い主の顔を見ていたハム。

 

今ではすっかり理解できているようで、リードの巻きつきを戻しながら迂回するようになりました!

 

まるで人間と会話しているみたい(笑)

 

ワンコと意思疎通ができると愛犬とのやり取りが格段に楽しくなるのでたくさん話しかけるのはオススメです♪

 

ハムの迂回↓↓

※今回は撮影用に飼い主がわざと木に巻きつけています(笑)

 

 

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です