触らないで!そこは敏感なんだからっ。

こんにちは。

コーイケルホンディエのハム、9ヵ月です。

 

犬が触れられたくない部分はいろいろあります。

 

しっぽ、マズル、手足の先端、突然頭ぐしゃぐしゃに撫でられること。。。

 

飼い主にならどこを触られてもじっと我慢してる子は多いと思うのですが、やはり苦手なものは苦手。

 

大好きな飼い主に嫌な部分を触られて、戸惑うワンコの表情はなかなか人間的です。

 

|ワンコは体の先端は敏感。

 

 

嫌がってますね~(笑)

 

でも、体のどの部位も診察で触られる可能性があるんです

 

知らない人に触られていきなり

 

「ガブッ!!」

 

なんてことにならないように、普段から飼い主が慣れさせないといけませんよね。

 

信頼関係の向上にも繋がります♪

 

 

|自由に触らせてくれるまでトレーニング。

 

実はハム、我が家に迎えたころは撫でることすらできませんでした。

 

手を伸ばした瞬間に逃走!!

 

これはマズイヾ(´゚Д゚`;) と、ボディコントロールのトレーニング開始。

 

 

最初は数秒から、徐々に撫でる時間を増やし優しい声をかけていました。

※眠くてウトウトしているときが一番抵抗されなかったです。

※飼い主の傍に長くいられない子はおやつやおもちゃが効果的です。(徐々に減らす)

 

一生抱っこできないのでは?!と思っていましたが、今ではすっかり甘えん坊♡

 

克服までに2ヵ月以上はかかったと思います。

 

個体差はあっても根気強く続ければ必ず改善するハズと信じています。(*´ω`σ)у

 

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です