フローリング滑り対策 その2

こんにちは。

コーイケルホンディエのハム、1歳11ヵ月です。

 

フローリングの滑り気になりませんか?

 

コイケルのようにアクティブなワンコならなおさらです (тωт`)



 

このだらしないオスワリも床が滑るから???↓↓

 

とにかく床滑りはワンコにとって1つもいいことなし!です。

 

以前からフロアコーティングしたいなぁと思っていたのですが、未だ踏み切れず・・・。

 

もっと気軽なワンコの床滑り解決策ってないの!?

※だいぶ前に同じトピックスで記事を書いています。コチラ→https://hajimete-inu.com/floor/

 

 

|フロアコーティングに踏みきれない!

 

フロアコーティングを調べると「コーティングしてよかったです!」の口コミ多数。

 

しかし我が家はあのテカテカのツヤと家具を全て出して丸1日業者さんに入ってもらうこと、 傷がついたときに目立つ&やり直しが難しいということで二の足を踏んでしまうのです。

 

気に入らなかったら速攻で元に戻したい!!

 

とっても気分屋です(笑)

 

フロアコーティングは高価ですが耐久年数が長いのでコスパは悪くありません。

 

強めのツヤさえ気にならなければ見映えも美しい!

 

その後のお手入れだって楽々ですよ♪

 

ちなみに床滑り防止に最も有効なのは「シリコンコーティング」です。

 

「シリコンコーティング」の耐久性は10年ほど。

 

「UVコーティング」であれば20年の耐久性があります!

 

今回試すお気軽対策に失敗したらもうフロアコーティングするしかないかもしれませんねぇ 。・゚・(ノД`)

 

|どれだけ滑らなければ安全?

 

コーティング以外の方法を探す前にどれだけ滑らなければ安全と言えるのか調べてみました。

 

こういう知識は専門的で素人には判断しづらいんですよね。

 

そんな時は滑り抵抗係数の犬バージョン(C.S.R・D値)を知っておくと便利です!

 

数字が大きいほど滑りにくくなります。

 

C.S.R・D値が0.676以上であれば99.9%小型犬は支障なく生活できると防滑推進応援サイトに記されています。

※C.S.R・D値の研究についてはコチラ↓

https://www.jstage.jst.go.jp/article/aijs/78/690/78_1359/_pdf

 

ちなみに何もしていないフローリングは0.26ほどだそうです。

 

ワンコ用商品はこの数値で表記されることが多いですが、不明な場合は販売元に問い合わせると良いと思います♪

 

|これ試してみたい!お手軽滑り対策♪

 

過去の記事で触れたフローリングの滑り対策以外で「これは!」という商品についに出会いました!!

 

東リ クッションフロア ニュークリネスシート」です。

 

ペット対応なのはもちろん、床暖対応なのも大きな魅力です。

 

柄も10種類あるので家の雰囲気に合ったものが選べます。

 

先ほどのC.S.R・D値は残念ながら0.42~0.46と絶対安全と言われる数値には届いていません。

 

それでも何もしないフローリングと比較すればかなり滑りにくいと言えそうです。

 

さっそくサンプルをお取り寄せ♪

 

無料サンプルがあるので色や材質を確かめるためにも必ず取り寄せましょう。

 

我が家は「ハロハロ」というDIYリフォーム専門のオンラインショップを通してサンプル依頼しました。

 

サンプルもすぐに届き、施工方法を問い合わせたところ迅速に対応してもらえました♪

 

手で触った感じ、現状のフローリングより断然滑らないです。

 

・・・ということでこちらで滑り止め対策するの決定!!

 

実際の商品が届いたら施工の様子などアップしたいと思います♬

 

グリップ効果で今より早く走り、高く跳ぶハムを見るのが楽しみです。

 

 


犬ランキング




 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です