お口の恋人「鹿角」

こんにちは。

コーイケルホンディエのハム、1歳4ヵ月です。

 

ハムはお口が寂しくなると「おやつ~」とせがんできます。

 

しかし、おやつの与えすぎは肥満に繋がるので要注意!

 

そんな時はカロリーが低くて長持ちするものが重宝します♪

 

もうタイトルで書いちゃっていますが、「鹿角」おススメです ヽ(o’∀`o)ノ

 

 

我が家ではおもちゃやガムなど、選ぶ時に少し「こだわり」があります。

 

それは大き過ぎないこと。

 

ハムはテニスボールサイズのボールには見向きもしません。

 

ピンポン玉くらいのサイズか、大きくても空気が抜けてるくらい柔らかいボールがお好みです。

 

ガムなども大きすぎるもの、硬すぎるものはNG。

 

意外とお上品なお口をお持ちなんですねぇ・・・ (-ω-;)

 

で、話戻って「鹿角」なんですが、実は歯が生え変わる前に与えたことがあります。

 

もちろん小さめサイズ。

 

しか~し!!

 

全く興味を持ってもらえませんでした。

 

「ハムは鹿角が嫌いなんだ・・・」と落胆。

 

それから長いこと与えていませんでしたが、今回半年以上ぶりに購入してみました!

 

すると・・・

 

食らう、食らう(笑)

 

1、2時間集中してカジカジしていました。

 

「ワンコも成長すると味覚が変わるものなんだなぁ~。」なんて思っていましたが、よーく観察すると決定的違いを発見!

 

なにやら角の中の黒っぽいものを必死に削いでいたんです。

 

 

調べたところこれは「髄液」なのだそう。

 

そしてワンコはこの「髄液」が大好きで必死にカジカジするそうです。

 

知らずに購入していましたが、今回の「鹿角」、縦半分にスライスされていたのでした~。

 

それで前回と反応がこんなに違ったんですね。

 

スライスされている角、初めて見ました。

 

「GIBIER STYLE」という北海道のお店の「エゾ鹿の角」「Sサイズ」です。

 

我が家は大型ペットショップで購入しましたが、ネット販売もされています♪

 

スライスされていない角に興味を示さないワンコの飼い主さんの中には自らのこぎりを使って角をスライスしている方もいるようです。

 

なんて涙ぐましい・・・

 

カジカジすることはワンコにとってストレス発散にも繋がるので、興味があれば是非お試しください (uωu`*)

 

※歯を痛めたり小さいカケラを飲み込む場合があるので飼い主さんの元で安全に注意して与えてください。


夢中だワン♪

 


 

 


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です