トラウマ克服への道*其の一*

こんにちは。

コーイケルホンディエのハム、9ヵ月です。

 

犬の記憶には「短期記憶」という10秒~数十分で忘れてしまう記憶と、「長期記憶」と呼ばれる生涯残る記憶の2種類があるそうです。

 

なるほど、叱るときのタイミングが重要なのは「短期記憶」のためなんですね。

また、条件付けでしつけをするのは「長期記憶」を活用しているということのようです。

 

ところで、ハムには苦~い記憶があります。

まさにトラウマです。

 

飼い主、生後2ヵ月の時にやってしまいました(汗)

ハムにトラウマを作ってしまったのです・・・。反省(;ω;*)

 

そのトラウマというのが「ロールオーバー」。

 

くるっと転がれないハムを手伝おうと、手で回転させたところハムにとって恐怖体験に。。。

そんなつもりじゃなかったんだよぉ~。ごめんよぉ。

 

 

それから「ロールオーバー」という言葉を聞くだけでハウスにダッシュ!!

 

禁句です。

タブーです。。

 

ずっと封印してきましたが、7ヵ月経った今、少しずつトラウマを克服しようと挑戦中。

 

今日の成果↓↓

 

もどかしいー!!

 

半回転で終わってしまいました。

苦い記憶を思い出したのか、伏せすら嫌がる場面も。。。

 

でも、頑張っていました!!

 

ゆっくり練習していつかトラウマ克服のご報告をしたいです♪

 

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です